ギャンブル で 作った 借金 を どうにかしたい 自転車操業 パチンコ 競馬

私が一番最初に消費者金融からお金を借りたときのことをお話いたします。

まだ20代の半ばだったと思います。

月給が手取りで8万円くらいの住み込みの生活でした。

仕事柄、同僚にはギャンブル好きが多く、パチンコや競馬といった賭け事に誘われては損をしていました。

そのうち競馬場に行くのが癖になり、大井競馬場が近いこともあって開催日には、
必ずといってよいくらい顔をだしていました。

私はそれまでは結構まじめで預金も50万くらいはあり、お金をためるのが楽しみでした。

ところが競馬に嵌ってしまい、たまに当たると大金が入ってくる快楽に、
溺れる自分をどうにもコントロールできませんでした。

気がつくと預金は底を付き、給料をもらったばかりだというのに
手元には千円札が2枚しかないような状態でした。

同僚も私と似たようなものでいつもタバコを無心してくるありさまです。
それでも私は懲りないで、きっと当たるはずだと思い込んでいたのです。

次の休みの日、私はサラ金の門を叩きました。

忘れましたが渋谷にある小さな、なんとかローンという会社です。

「なあに、こんなの当ててすぐ返せるから」とそのときは本当にそう考えていたのです。

5万円借り、早速競馬場にいきました。

さすがに今度は簡単に買うわけにも行かず、考えては買ってみたものの、結果は消極さが裏目に出てまた資金は減っていったのです。

そうこうしているうちに返済日が近づき、気持ちはあせる一方でどうにもならないのです。

毎月5千円返さなければならない契約は重く肩にかかってきて、あのころのことは今でもよく覚えています。

結局どうしたかと言いますと、情けないことに親から借りて全額返したのです。

さぞかし母親は心配したことでしょう。私はそのときはまだ本当に懲りてはいなかったのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)