利点と欠点を知ることが大切

IT業界のエンジニアは個人の技術や知識によるところが大きく、プログラマやシステムエンジニアなどはフリーランスになっても十分に収入を得られる環境にあるといえます。インターネットに繋がっているパソコンがあれば仕事が可能となり、仕事の依頼を受けることさえうまくできば中間マージンがかからない分だけ収入がアップする可能性も出てくるでしょう。
最もすべての人が成功するわけではなく、長く勤めていると正社員とフリーランスのどちらがいいのか迷いが生まれる場合も出てきます。そのときに大切なのがそれぞれのメリットとデメリット、さらに目標を比較することです。収入や仕事条件は個々の能力で変わってきますが、確率と統計からいえば安定性は正社員となり、収入をアップしやすいのはフリーランスです。フリーランスに重要なのは仕事の依頼を受ける営業能力で、伴っていないとどれだけ優秀でも収入に結び付きません。また、目標を考えるのも大切になってきて、自分がどのような方面に進むべきか、何をするべきかが明確になります。
エンジニアとしては、正社員もフリーランスもスキルアップが重要になり、最先端の技術についていく必要が出てくるのです。その他として正社員の場合はキャリアアップして管理職を目指す、フリーランスは起業を考えるなどそれぞれの方向性を見極めると選択がしやすくなります。エンジニアは自分の適性を考えて選ぶ必要があり、大切なのは先を考え自ら決めるということです。